[an error occurred while processing this directive]

神羅万象チョコ 幻双竜の秘宝|ウエハーマンのつぶやき~重要情報

10
新たな冒険へ!
時は進み、事件から約1年の月日が経っていた。そこには幻双竜大陸で数々の遺跡を発見し、その謎を究明するために冒険を続けるヴァンとその仲間達の姿があった。彼はいつしか「冒険王」と呼ばれ、レジェンド・オブ・アルゴノーツとしてその名を未来永劫の歴史に刻み付けるのであった。

ヴァン
「行くぜジゼル!俺達の冒険はまだまだこれからだ!」
ジゼル
「うん!行こうヴァン!新たな冒険が私達を待ってるわ!」

<幻双竜の秘宝・完>
9
冒険王ヴァン・クロウ!
幻双竜大陸全土を揺るがす激しい戦いが続いた。ヴァンは長い死闘の末に闇天超魔神ゼル・ガロンを倒し、ゼルとの過去の因縁を断ち切ったのだった。ゼルの敗北により完全に魔力を失ったテスカポリトカとその眷属達は再び永い眠りにつき、新世界破滅の危機はひとまず回避された。ケツアルカトルはテスカポリトカ打倒に協力してくれたヴァンに心より感謝し、ヴァンの失われた両腕と翼を再生して彼の体を蝕む呪いから解放すると、テスカポリトカの後を追うように眷属達を伴って眠りにつくのであった。かくして、後に「二大蛇竜神の変」と呼ばれる事件は幕を閉じたのだ。
8
光明合身!光天超魔神ヴァン・クロウ誕生!
ヴァンの勇姿に希望を見出したケツアルカトルは、己の全てを彼に託す事を決意する。己の腕と翼と全魔力を与えるかわりに、テスカポリトカ打倒への協力をヴァンに願ったのだ。その提案を受け入れたヴァンは、彼と合身して超神化を果たす!そして、再びゼルに立ち向かうのだった!
ヴァン「決着をつけよう、ゼル・ガロン!お前を倒してテスカポリトカを封印する!」
7
ボールス参上!
ゼルの魔手がヴァンに迫ろうとしたその時、かつて冒険をともにした押しかけ弟子のボールスが現れ、間一髪で彼を救出した。もはや戦う術がないヴァン。だが、彼は傷つく仲間を、世界の危機を目の前にしてこのまま黙っていられる男ではない。そんな彼にケツアルカトルはある提案を持ちかけるのだった…。
6
絶体絶命!
その事実に気づいたヴァン達は、光の邪竜神側に加勢するが、ケツアルカトルを残し光の眷属は全滅。さらに、ヴァンはゼルによって両腕の義手「アストラル・アームズ」を粉砕されてしまう。ヴァンを守ろうと無謀にもゼルに立ち向かったトナトナとティアティアも返り討ちにあい、瀕死の重傷を負ってしまった。絶体絶命の大ピンチである。
5
ヴァン敗北!
闇天超魔神ゼル・ガロンの誕生で活気づく闇の眷属に圧され、次々に敗れ去る光の眷属。
周囲を破壊しつつ戦う闇の眷属に対し、光の眷属は周囲を守るように戦っている。
世界の破滅を望んでいるのはテスカポリトカのみで、ケツアルカトルは破壊を阻止するために戦っていたのである。
4
暗黒憑依完了!闇天超魔神ゼル誕生!
テスカポリトカとケツアルカトルは復活と同時に凄まじい戦いを開始する。両陣営の力はほぼ互角。戦闘による周囲の破壊だけが、ただいたずらに拡大していく惨状だった。さらなる力を求めるテスカポリトカは、ゼルに肉体を差し出す事を要求する。ゼルは世界の破壊と混沌を条件にテスカポリトカを体内に受け入れ、「闇天超魔神ゼル」への超神化を遂げた。実体を得たテスカポリトカはかつての力を完全に取り戻し、光の闇の均衡が崩れようとしていた…。
3
復活!二大蛇竜神!
「落陽金字塔」…アスティ・カーンの伝承で、二大蛇竜神が眠っていると伝えられる遺跡である。ゼルが宝玉を使って封印を解くと、闇の蛇竜神「テスカポリトカ」と光の蛇竜神「ケツアルカトル」がそれぞれの眷属を伴って地上に姿を現した。しかし、二大蛇竜神の復活は実体を伴わない霊体としての不完全なものであった。それでも両者の魔力は天地を揺るがす凄まじさであり、ヴァン達は世界の終焉を覚悟したのだった…。
2
ゼルの目的と二大蛇竜神!
二大蛇竜神とは、かつて覇権を争って地上を破滅寸前にまで追い込んだと伝えられる超級魔神で、新世界の唯一神・水晶天子ヒカリに封印されるほど危険な存在であった。 ゼルの目的は、二大蛇竜神を復活させて再び世界を破滅に導く事だったのだ。 ゼルは「いいよ、ヴァン!その絶望に歪む君の顔が見たかったんだ!」と狂喜すると、絶叫のような笑い声を残してヴァン達の前から消え去った…。 ヴァン達は傷付いた体に鞭を打ち、ゼルを追跡するのだった。
1
ゼルと封印の宝玉!
ゼルはトラロックとの戦いで満身創痍のヴァンとアジーンから、素早く「幻双竜の蒼玉」と「幻双竜の翠玉」を奪い取ると、自慢げに語りだした。 幻双竜大陸には二大蛇竜神と呼ばれる2体の魔神が封印されている事。その封印を解く為には「封印の宝玉」と呼ばれる3つの宝玉を集める必要がある事。 「幻双竜の蒼玉」と「幻双竜の翠玉」がその3つのうちの2つだという事。そして最後の1つである「幻双竜の紅玉」は、すでにゼルが手中に収めているという事を…!

©BANDAI・こどもの館